結婚・婚活

結婚・婚活

婚活パーティ
結婚相談所
婚活サイト

  



結婚・婚活   ★婚活パーティ  ★結婚相談所  ★婚活サイト  ★お見合い



結婚・婚活  婚活パーティ  結婚相談所  婚活サイト




結婚・婚活


「婚活という言葉は2008年出版の『「婚活」時代』から始まったと思います、

そしてこの言葉に女性が飛びついた。

『薄々感じてはいたけど、やっぱり婚活しなきゃいい相手は見つからない』

と納得したのです。

このため、2008〜2009年は女性が活発に婚活を始めますが、

男性は斜めに見ていて行動しなかった」






婚活パーティ

結婚・婚活   

婚活パーティ  

結婚相談所  

婚活サイト  

お見合い

女性の結婚願望と現実

結婚活動

結婚前の相手を見抜く方法

結婚したい女




 そして多くの女性はこう感じたという。

「ろくな男がいない」。

婚活にはある程度の費用がかかる。

お金を払っているのだからいい男がいて当然だと期待していたら、

そんな男性ばかりではなかった。

コミュニケーションの不得意な人も多かった。


 婚活中の女性のハードルは意外に高い。

彼女たちがよく口にするのが「普通の人でいい」。

だが、「普通のルックス」「普通の身長」「「普通の学歴」「普通の年収」「普通に会話ができる」

……と条件数が多いので、仮に7項目が並べばどうなるか。





結婚相談所


「『普通』の確率を半数の50%とすれば、すべてを満たす男性は50%の7乗で約0.8%になります。

100人にひとりもいないわけですし、そんな男性は当然人気が高いですから、結ばれる確率は極めて低くなります」

 こうした事情からか現在はピーク時ほど盛り上がっておらず、「様子見」に入った女性もいるという。

一方、婚活している男性の特徴は「女性とつき合う機会がなかった(少なかった)人」。

恋愛で「勝負」をしてこなかったので、勝った経験も負けた経験もない。

負け方がわからないから傷つくのが怖い。

「男性は敏感ですから、こうした自分を女性に知られると内にこもってしまう。

仕事は忙しいし、余暇を楽しむ方法はほかにいくらでもあるので、婚活に一生懸命にならなくなるのです」



結婚・婚活   ★婚活パーティ  ★結婚相談所  ★婚活サイト  ★お見合い





Copyright (C) 2016 JECS All Rights Reserved.